私たちフィルテックは、半導体開発時代に得た幅広い科学技術の知識を
製品とサービスで表現し、成長市場の架け橋になります。

株式会社フィルテック 代表取締役 古村雄二 経歴

昭和25年

北海道余市郡余市町うまれ

昭和43年

余市高等学校卒業
東北大学工学部電気系入学

昭和47年

同大学同学部電子工学課卒業
松下電器産業(株)入社

昭和48年

同社退社 東北大学電気通信研究所研究生入学

昭和49年

同大学大学院工学研究科電子工学専攻入学

昭和54年

同専攻修了 工学博士号取得
博士論文の一部が最初の論文としてフィジカルレビューで受理された。 論文を表示
“Excitonic effect in ZnTe at E0 and E1 gaps studied by wavelength-modulated reflectivity spectroscopy”Yuji Furumura, Atsuko Ebina, and Tadashi Takahashi, Physical Review B19, 1031(1979)

同年

富士通(株)入社
配属の半導体部門で、高速バイポーラ集積論理回路のためのシリコンエピタキシー製造装置の開発に従事した。
斜めに傾けた(111)シリコン基板に SiCのヘテロエピタキシーに成功し1985年特許出願するとともに、論文として報告した。
高信頼性のため材料の改善を図りながらFeRAMの事業化に注力した。

平成12年

富士通研究所所属となる

平成13年

富士通株式会社退社
(有)フィルブリッジ設立 2月9日
(株)フィルテック設立  5月21日

Papers

  1. "Excitonic effect in ZnTe at E0 and E1 gaps studied by wavelength-modulated reflectivity spectroscopy"Yuji Furumura, Atsuko Ebina, and Tadashi Takahashi, Physical Review B19, 1031(1979)
    Paper preview [PDF]
  2. "Selective Growth of Polysilicon",Y.Furumura, F.Mieno, T.Nishizawa, and M.Maeda, J. Electrochemical Soc. Vol.133,No.2, 379 (1986)
  3. "Characteristics of β-SiC films grown from an SiHCl3-C3H8-H2 system" Yuji Furumura, Masahiko Doki, Fumitake Mieno, and Mamoru Maeda, Electronics and Communications in Japan,Part2,Vol.70,No.5(1987), translated from Denshi Gakkai Ronbunshi, Vol.69-C, No.6, June 1986, pp.705-714.
  4. "Heteroepitaxial β-SiC on Si" Y.Furumura, M.Doki, F.Mieno, T.Eshita, T.Suzuki,and M.Maeda, J.Electrochemical Soc. Vol.135 No.5, 1255(1988)